ザ・ペニンシュラ上海 (上海半島酒店)

2010年08月13日

ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)-朝食編

上海半島酒店の朝食は1階正面玄関近くの「ザ・ロビー」です。

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

客室からは、フロント前を通り玄関に続く通路を進むと。。

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

どーんとダイニング「ザ・ロビー」が現われます。ここはペニンシュラ上海の"顔"といわれる場所。見上げるような高い天井が印象的。

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

(イメージ図)ザ・ペニンシュラ上海のHPから拝借した写真ですが、正面玄関から見るとこんな感じです。

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

席に座ると、まずは絞りたてのフレッシュジュース(グレープフルーツ or オレンジ)が運ばれてきます。

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

デザートの飾りも、まるでデザート専門店のショーケースを見ているような綺麗な飾り付けです。さすが!

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

朝食なので少し軽めに頂きました。

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

フルーツは何を食してもハズレがありません。中国のメロンはあまり甘くない印象がありましたが、ここのメロンはとても甘いです。

さすがにペニンシュラホテルの朝食なので、雰囲気・マナー・味ともに文句の無い朝食でした。次回はアフタヌーンティーで訪れたいと思います。

ダイニング「ザ・ロビー」
The Peninsula Shanghai
ザ・ペニンシュラ上海 (上海半島酒店)1階
住所:上海市黄浦区外灘中山東一路32号【MAP
TEL:86-21-23272888
営業時間:6:00〜24:00
朝食の価格:276元/人(約3800円/人)

shanghai_kikusan at 20:56|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)-バスルーム編

ここからは上海半島酒店の室内風景(バスルーム)編です。

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

ベッドルームの反対側には、ウォークインクローゼット&化粧スペース&バスルームがあります。

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

化粧スペースにも細やかな気遣いが。鏡の前に"ネイルドライヤー"が埋め込まれています。ネイルをした後、ボタンを押すだけで温風が吹き出します。また、日本製のドライヤー(などを持ち込んだ場合に使う?)用の110V用コンセントも用意されています。

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

バスルームの手前には化粧スペースとウォークインクローゼット。もちろん、ここにペニンシュラならではのバレーボックスがあります。このバレーボックスにクリーニングの衣類や磨いてほしい靴などを入れボタンで知らせると、ホテルのスタッフと直接会わなくても受け渡しができる仕掛けです。もちろん、朝刊もこのボックスに入ります。

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

ゴージャスな感じのバスルームです。液晶テレビも付いてます。

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

アメニティは「Davi(ダヴィ)」。このブランドは、カリフォルニアの伝統的なワイナリーのオーナー・ロバート・モンダヴィ氏の孫が、ぶどう作りの過程で習得した経験と知識に基づき、作ったスキンケア商品だそうです。ぶどうに含まれる抗酸化作用で若返り効果が期待できるんだそうですよ。

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

このバスルーム内には2つの洗面台+シャワールーム+トイレがあります。

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

洗面台の横にはハンズフリーで話せる電話機が設置されています。

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

こちらがシャワーブース。

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

こちらがトイレです。ウォシュレットが付いて無いのが残念ですが、その他は全て完璧な部屋でした。

The Peninsula Shanghai
ザ・ペニンシュラ上海 (上海半島酒店)
住所:上海市黄浦区外灘中山東一路32号【MAP
TEL:86-21-23272888
クラス:★★★★★

shanghai_kikusan at 19:12|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)-ベッドルーム編

ここからは上海半島酒店の室内風景(ベッドルーム)編です。

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

室内に入ると左右に通路があり、書斎&ベッドルーム側か、クローゼット&バスルーム側の2方向に別れています。

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

ベッドルーム入るとすぐにソファーとテーブルがあります。

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

テーブルにはウェルカムフルーツが用意されています。

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

部屋の中央には大きな家具が置かれ、中央部分に薄型テレビが埋め込まれています。この家具の中には、FAXやミニバー、冷蔵庫、コーヒーマシーンも隠されています。

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

コーヒーマシーンの下にはお茶BOXがあります。お茶だけでも6種類用意されています。

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

高級な感じのビジネスデスクも用意されています。

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

シングルベッドの部屋なので、ベッドは小さめです。とても高い天井からは気持ち良すぎる開放感が得られます。シャンデリアも巨大で立派!

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

文房具も揃っています。

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

部屋のいたるところの近代化が進んでいて、ベッド横には電話機と集中管理リモコンがあります。手が近づくと電源が入る最新式。また、電話機の液晶内には様々な情報が出ていますが、宿泊者の国籍によって表示が変わるのか、全て日本語表記となっていました。

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

このホテルでは部屋からの高速インターネット、市内・市外・国際電話料金が全て無料です。また、室内には日本人用に110Vのコンセントが3コ用意されています。日本から持ち込んだ電子機器をそのまま使うことができるので安心です。

---------余談---------
このホテルの通信系のサービスは全て日本のNECが担当しているそうです。NECはホテルの設計段階から参画し、館内のほぼ全域で無線LANが使えるようにしています。この新システムは宿泊者だけでなくスタッフにも使われ、チェックイン・チェックアウトに連動してフロア担当者の無線IP電話機に宿泊者の客室番号・名前等が配信され、ウェルカムドリンクやハウスキーピングの対応が可能だそうです。また、客室からルームサービスやクリーニング依頼が行われると、ホテルサーバで管理するシフト勤務を参照し、適切な担当者へ業務指示のメッセージが配信されるなど、迅速な対応を可能にしているそうです。先進のホスピタリティの影には日本の先進技術が生かされているのですね〜〜!感動!
-----余談ここまで-----

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

これも、ザ・ペニンシュラ上海の目玉設備「iPod or iPhoneドッキングステーション」です。机の横にありますが、このドッキングステーションに持っていたiPhoneを差し込んでみると、充電はもちろんできますが、部屋中のスピーカーでiPod内の音楽を聴いたり、映像をTVで見たりすることができます。

【窓からの景色です(方角:西)】

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

遠くにル・ロイヤルメリディアンが見えます。

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

The Peninsula Shanghai
ザ・ペニンシュラ上海 (上海半島酒店)
住所:上海市黄浦区外灘中山東一路32号【MAP
TEL:86-21-23272888
クラス:★★★★★

shanghai_kikusan at 18:54|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)-ロケーション編

今回は、2009年10月18日にオープンしたばかりの5つ星ホテル「ザ・ペニンシュラ上海」に初めて宿泊します。

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

ペニンシュラホテルの運営会社は「香港&上海ホテルズ」といい、もともと上海と香港でホテル業を営んでいました。それだけに、新たに上海にホテルをオープンするということは"凱旋"を意味し、さぞ豪華なホテルでしょう。ちなみにこのホテルの建設費用は28億元(約420億円)。また、駐車料金は一時間80元(約1500円)と史上最高の駐車料金だそうです。 たかっ!

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

場所は外灘のすぐ近く、旧英国領事館庭園に隣接する好立地。浦東側の東方テレビ塔も見ることができます。

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

正面玄関入ってすぐ、ダイニングのザ・ロビーです。

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

高級なブランド店の並ぶ重厚な通路を進むとフロントがあります。

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

スタイリッシュな雰囲気のフロント。

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

大きなシャンデリアの下を通り、エレベータホールへ向かいます。

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

今回宿泊するフロア(6階)のエレベータホールです。セキュリティの為にカードキーを通さなければエレベータは動きません。

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

客室までの通路です。

(The Peninsula Shanghai)ザ・ペニンシュラ上海(上海半島酒店)

今回は一番奥の部屋「601」号室に宿泊します。

The Peninsula Shanghai
ザ・ペニンシュラ上海 (上海半島酒店)
住所:上海市黄浦区外灘中山東一路32号【MAP
TEL:86-21-23272888
クラス:★★★★★

shanghai_kikusan at 17:52|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
上海のジャンル別情報
【見る、観光】

【食べる、グルメ】
┣ 和食
┣ 焼肉・アジアン
┣ 居酒屋

【買う、ショッピング】

【宿まる、ホテル】
┣ ハイアット・オン・ザ・バンド
┣ JWマリオット上海
┣ W上海‐外灘
┣ シェラトン上海虹口
┣ シェラトン浦東ホテル
┣ コートヤードバイマリオット
┣ クラウン・センチュリーパーク
┣ クラウンプラザプドン
┣ クラウンプラザ上海
┣ フォーポインツシェラトン大寧
┣ フォーシーズンズ上海
┣ ガンドンホテル上海
┣ 虹橋迎賓館
┣ ハワードジョンソンプラザ
┣ ハワードジョンソンビジネス
┣ ハワードジョンソンザンジャン
┣ ホアティンホテル
┣ ル・メリディアン余山
┣ オリエンタルリバーサイドホテル
┣ パークビューホテル
┣ パークハイアット上海
┣ パープル・マウンテン
┣ 和平飯店
┣ ラディソンホテルニューワールド
┣ ラディソン・プラザ・シングゥオ
┣ ラディソンセンチュリーパーク
┣ リーガルインターナショナル
┣ ソフィテルオリエンタル
┣ シャングリラ浦東
┣ ルネッサンス上海豫園
┣ サルボ・ホテル上海
┣ サンワンホテル上海

【遊ぶ、ナイトスポット】

【乗り物、公共交通機関】

【生活、イベント】
┣ サウナ